綺麗な記録を残せます

和服

希望の環境で撮影できます

結婚式で新婦が様々な衣装を着用することは、日本社会で広く普及している風習です。ただし、洋装から和装までの多様な衣装を着たいという女性の要望を満たすことはできますが、その様子を自分自身が十分に堪能できるとは限りません。したがって、写真等の記録として残したいと考えることは、当然です。ところが、挙式当日は大変忙しいので、撮影する時間的な余裕は十分ではありません。そのため、前撮りを行うことで、綺麗な着用記録を残する傾向が強くなっています。特に、和装は着用する機会が少ないので洋装より準備に手間取りやすいため、前撮りが推奨されています。和装の前撮りを行う手順は、撮影するスタジオを決めることから始まります。各スタジオで様々な特色を用意しているので、希望に沿う最適な環境を選ぶことが大切です。前撮りの契約を結んだ後は、撮影環境を選びます。撮影スタジオが基本ですが、ロケーション等を選ぶことができます。和装と言ってもデザインや色彩等の多様な種類がありますから、衣装選びを行います。撮影環境次第で見栄えが違いますから、並行して考慮することが一般的です。このとき、試着できる場合、実際に着用しながら選べます。大枠が決定すると、メイク内容や小道具等の備品を選択します。撮影内容が決定すると、撮影後の詳細を決定します。具体的には、作成するアルバムのページ数やレイアウト等が挙げられます。契約内容が決定すると、当日の指定時間から予定通りに撮影が進みます。